畑のようす

ニンニクの植付け - 第2弾

こんにちは、おはよう農園の恒川 京士(ツネカワ アツシ)です。11月に入り朝晩の気温が下がってきましたね。最高気温も20℃を少し下回り、よ~やく秋らしくなってきました(^^♪

今回は、寒地系のニンニクの植付けを行いました。ニンニクには、暖かい気候で育つ品種と寒い気候で育つ品種に分かれるのです。

先月植え付けたのは、前者の 暖かい気候で育つ品種を5種類で合計545株。今回は寒い地方で育つ品種であるホワイト六片を2ヶ所から購入。生育の比較実験を行ってみたいと思いまして、合計で550株ほど植えました(#^.^#)

皆さんが、よく目にする青森県産のニンニクというのは、たいてい"ホワイト六片"です。色が白く、リン片(=ニンニクの球)が6個ぐらい付いていることから、このような名前になったそうです。

畑には20cm間隔で、深さ5cmのところに植え付けていきますよ~。

こちらは、10月に植付けした、ニンニクたち。先月の台風に煽られましたが、持ちこたえてくれました。今のところ、順調に育っております。

三角鍬で除草を兼ねて株元に土寄せを行いました。 この立ち姿、力強さを感じます!!!

お昼ご飯は、弁当を持参。おはよう農園の野菜は大根葉だけですが、自分の畑で採れた野菜は格別の味でした!!!

さて今日一日無事に過ごせたことに感謝して、明日も元気よく「おはよう」と言える朝を迎えることができますように!!!

-畑のようす
-,

Copyright© おはよう農園 , 2019 All Rights Reserved.