畑のようす

踏み込み温床のその後

こんにちは、おはよう農園の恒川 京士(ツネカワ アツシ)です。

先月5日に完成した踏み込み温床・・・その後についてのお話です。

 

完成直後の様子

 

 

そして木枠で作ったフタをして、プチプチ被せて、布団を被せて(写真にはないですが)、ブルーシートかけて、1週間放置しました。

※雨天時は、布団を外します。濡れてしまうと大変なことになるので(笑)

 

 

1週間後の2月12日、表面には白カビが生えておりました。

最初見た時は、「なんじゃこりゃ~、失敗かぁ~」と思いました。

ただ、温床の地温はしっかり上がっており、枯れ松葉の発酵したイイ香りがしておりました。

サラッと調べてみると、温度が上がっていなかったり、腐敗臭がすると失敗ということだったので、まぁ大丈夫だろうと!

 

 

地温を測ってみると36℃を示しており、だいたい30~40℃に落ち着くと聞いていたので、育苗できそうな感じです。 

 

手始めに、昨秋作ったものと同じ野菜でテストを兼ねて、苗づくりを開始しました。

また昨年実施した、おはよう農園の食べてみたい野菜アンケートで、"葉・茎・つぼみを食べる野菜"部門の1位がブロッコリーだったこともあり、新たに茎ブロッコリー(=スティックセニョ―ル)が登場です。

 

さ~て、今日一日皆さんが元気よく過ごせますように!!!

-畑のようす
-

Copyright© おはよう農園 , 2020 All Rights Reserved.