おはよう農園の日常

新しい住まい決まる

2019年4月7日

こんにちは、関塚農場・研修生の恒川 京士(ツネカワ アツシ)です。 今夏、千葉県我孫子市にて、おはよう農園という屋号で独立し、無農薬・無化学肥料栽培での露地野菜と平飼い養鶏によるタマゴをお届けします。

今日は、我孫子の新しい住まいの契約をしてきました(賃貸物件です)。JR常磐線・天王台駅より徒歩5分、畑まで軽トラで5分の絶妙な場所で見つけることができ、 予算も収めた格好で借りることができました。(笑)

これまで不動産会社は3件あたり、計6件ほど内覧して、「あーでもない、こーでもない」と話し合いを重ねた結果、決めました。

今回、私自身は起業準備中(=無職)という身のため、契約者の名義は妻としました。定期的な収入が見込めない者が契約者の場合、保証会社の審査が通らない可能性があるためです。実際には、銀行の残高証明書を提示し、ある程度の貯金があることを示すなど他の手段もありますが。これまで、会社員という立場で契約をしてきたこともあり、全く気にならなかったのですが、立場が変わると、いろいろハードルが上がる部分もあるのだと気づかされました。

最終的にお世話になった不動産屋は、天王台駅南口徒歩2分の距離にある有限会社植松商事さん。地元密着型の会社になります。担当の営業さんは、とても感じがよく、説明も丁寧にしてくださり、安心して借りる決心がつきました。

引っ越しまで、あと1ヶ月。少しずつ荷造りも始まりました。

さ~て、明日も元気よく「おはよう」と言える朝を迎えることができますように!!!

-おはよう農園の日常
-, ,

Copyright© おはよう農園 , 2019 All Rights Reserved.