おはよう農園の日常

ピザパーティー

2019年5月1日

こんにちは、 関塚農場・研修生の恒川 京士(ツネカワ アツシ)です。 今夏、千葉県我孫子市にて、おはよう農園という屋号で独立し、無農薬・無化学肥料栽培での露地野菜と平飼い養鶏によるタマゴをお届けします。

インターネット接続をスマホのデザリングに頼っているため、毎月20日を過ぎると容量が足りなくなって、追加チャージでしのいでいる我が家です。流石に先月はやり過ぎてしまったこともあり、月末最後の数日間は脱ネット生活をしておりました(笑)

スマホ(UQ mobile)の買い替えに合わせて、自宅(集合住宅)にネットを引くことを検討しております。おすすめのスマホ(格安)とネット会社の組み合わせがあれば、是非教えてくださいm(_ _ )m

さて、話が長くなりましたが、今日関塚農場ではホームパーティーを行いました。手作りの石窯を使ってピザを焼いて食べました~!

先ずは朝から火をつけて、窯の中の温度を300℃以上にする作業を行いました。

窯の内部のススが白くなったら、ピザが焼ける温度の目安になります。

その後、内部の温度を均一にするため、薪を窯全体に広げて暫く放置。そして下の段に薪を追いやって、濡らしたモップで窯の中(調理室)を拭いてフタをします。こうすることで、蒸気が発生し熱が均一に回ります。

この石窯は二層式(連続燃焼タイプ)になっていることから、上段が調理室、下段が燃料室で薪を燃やすことができます。因みに窯の奥で上段と下段がつながっております。
この構造のメリットは、薪などの燃料を移動しないで調理ができること。また、窯の温度が下がってきたら、追い炊きすることが可能なことです。

粉をふった鉄板にピザをのせて焼いていきます。

5分ぐらい焼いたら出来上がり(#^^#) 関塚農場でとれた旬の野菜を使った豪華ピザです。全部で10枚ぐらい焼いたでしょうか!?

その他に、ダッチオーブンで作った鶏粥

上から煮豚・菜の花を使ったキッシュや和え物、自家製ベーコンなど豪華な料理が並びました。

〆に、こりゃまた石窯で焼いた白神天然酵母を使ったパンまで頂きました\(^o^)/

おはよう農園でも、石窯を使ったイベントを開催できたらいいなぁと思ってます。石窯づくりワークショップから始めちゃおうかな!?

さ~て、明日も元気よく「おはよう」と言える朝を迎えることができますように!!!

-おはよう農園の日常
-,

Copyright© おはよう農園 , 2019 All Rights Reserved.