新規就農への道

農業体験@サンバファームさん

更新日:

こんにちは。おはよう農園の恒川 京士(ツネカワ アツシ)です。

11日(金)・・・・千葉県山武市にある"サンバファーム" さんへ一日農業体験にお邪魔してきました。こちらの農家さんは年間100品目の野菜を無農薬で栽培されており、加えてこだわりぬいた美味しい"しょうがシロップ"も作っておられます。

この日はお客さんへの出荷日にあたるため、収穫や袋詰めを中心に作業させていただきました。そして出来上がった野菜セットがこちら。採れたて新鮮で元気いっぱいの野菜が8~10品目ほど入ってます。

初めてお目にかかった二つの野菜についての紹介

中心に居座っている白っぽい野菜は"カリフローレ"と言います。スーパーではあまり見かけませんが、この方スティック形状をしたたカリフラワーで蕾から茎まで全て食べられます。とれたてを食してみたら "歯ごたえ" と "みずみずしさ"のバランスが絶妙でした。採れたてで食べるなら、先ずはサラダ等での生食がおすすめ。もちろん火をとおして食べてもらってもGood

右下にいらっしゃるのは"みさききゃべつ"。タケノコのように頭がとんがってます。縦長のため従来のキャベツより小ぶりに見えたため軽いかなと思って収穫してみると、想像以上の重量感に驚き。葉質が柔らかいため、こちらも生食がおすすめ。

 

 

 

 

 

 

その他の作業としてはオクラの種まきをしました。人差し指の第一関節までの深さにタネを4粒/穴。50Mの畝に30cm間隔でマルチに穴を開けました。この畝に2条になります。(条; 作物を植え付ける列のことを言います。)

オクラはアフリカ原産で江戸時代末期に日本にやってきて、昭和50年代になってようやく全国に普及したらしいです。(参照;イチからわかる野菜の育て方より)意外に最近なんだということにビックリ。 皆さん知ってましたか???

野菜の歴史を調べてみると面白い発見ができるかも。

今回の体験で、畑管理の一つである草取りの頻度、袋詰め・箱詰めのプロセス、同じ道具でも農家さんによって使い方が違ったり、オリジナルな点を随所に学ばせていただきました。サンバファームの皆さんありがとうございました。

新しい発見があると、嬉しい気持ちになれる今日この頃です。

さーて、あしたも元気よくおはようと迎えれる朝がきますように!

 

 

-新規就農への道
-

Copyright© おはよう農園 , 2019 All Rights Reserved.