大切にしていること

「旬の野菜って、こんなにおいしかったんだ!」

「旬の野菜って、こんなに力強い味だったんだ!」

「自分が苦手だと思っていた人参が、こんなにもおいしいとは…」

 はじめて、露地で育った旬の野菜を食べた時の感動。

「卵って生で食べても、こんなにすっきりとした味わいなんだ」

 はじめて、こだわりの餌で育った平飼い卵を食べたときのおどろき。

 その時の “感動・おどろき”を、みなさまに感じてもらいたい。

 それが、おはよう農園の原点です。

おはよう農園のこだわり

おはよう農園は、次の3つをみなさまにお約束します。

1.農薬や化学肥料を使わない露地での野菜づくり

野菜自身の生命力や風土を大事にして育てたいので、農薬や化学肥料を使いません。

野菜の旬を大切にしたいという想いから、ビニールハウスを使わず、露地で野菜を育てます。

(苗を育てる時のみ、ビニールハウスを使います。)

 

2.千葉に根ざした土づくり

千葉県内の畜産農家さんからいただいた豚糞堆肥や馬糞堆肥を使用しております。

堆肥を探しに畜産農家さんをまわる中で、糞の処理に困っている現状をお聞きしました。

農家同士のつながりを大切にし、限りある資源を有効活用した営農をしていきます 。

 

3.野菜の魅力を伝える農園づくり

みなさまがお子さまを連れて、気軽に遊びに来れるような農園にしたいと考えています。

さまざまな人に、野菜に関する悩みを聞いてみると「子どもが野菜を食べてくれなくて困っている」という方がたくさんいらっしゃいました。

実際に野菜とふれあったり、意外と知らない野菜のルーツを発見できるなど、野菜がもっと好きになるきっかけを作ります。

Copyright© おはよう農園 , 2019 All Rights Reserved.